日本印相協会の印鑑について

 


日本印相協会の法人印


印鑑とは自分を映す鑑。「開運御守護印」


印鑑は自分が自分であることの証し


「印鑑」とはいったい何でしょうか?
わが国に印鑑登録制度が導入されたのは、近代国家として再出発したばかりの明治6年のこと。 当初は庄屋など地域の有力者が印鑑帳を保管するという仕組みだったそうですが、現在は市町村など地域自治体が氏名・住所・性別などの情報と共に印鑑の陰影を登録するシステムになっていることは ご存知の通りです。その登録された印鑑が「実印」と呼ばれるもので、例えば不動産取引や遺産相続、車の売買などに際して必要となります。 銀行口座を開く時に必要になる銀行印と共に、財産や権利に関する手続きに必要不可欠な大切な印鑑であり、すべての社会的権利は自分の「実印」を押すことで発生するといっても過言ではありません。 いわば、印鑑とは社会生活を送るにあたって、「自分が自分であることの証し」ではないでしょうか。


日本印相協会の印鑑は、お祝いの贈り物として喜ばれています


実際、出生届けからはじまり、入学・進学・就職・成人・結婚・厄年・新築・・・・など、節目節目において、私たちは印鑑を押すことで人生の新しい局面を切り開いて行きます。 「印は命なり」「印はこころなり」「印は顔なり」・・・・印鑑とは決して単なる道具ではなく、自分の分身のような存在なのです。

開運御守護印について